owners_voice_header

 

オーナーズボイスでは、加盟店で活動されている方々の感想をご覧いただけます。

 


 

杉本 龍一 お名前 杉本 龍一
生年月日 1967年4月24日(49歳)
趣味 愛犬と散歩
会社名 一般社団法人伝統構法耐震機構 代表理事
一般社団法人古民家再生協会東京 代表理事
事業名 一般社団法人 古民家再生協会東京

 

ご自身の地域の特色

人口1300万人、世帯数680万、住宅総数590万戸の大都市です。ただ、東京には古民家は無いとお思いの方も多いのではないでしょうか?
実は伝統構法の古民家もおよそ5万戸残っています。2020年にはオリンピックも開催されます。それまでは経済的にもまだ成長していくのだと思います。海外からのお客様、インバウンドも増え、古民家の活用法も見いだして行けたら良いと思います。

 

加盟したきっかけ

一部上場企業の不動産会社に27年勤め、そのうち18年間、住宅再生の仕事に携わりました。その中には古民家もありましたが、伝統構法の建物を現行法に合わせて直すことに違和感を持っていました。そんな中、古民家鑑定士、伝統耐震診断と出会い「これだ!」と感じました。病気をしたこともあり、自分のやりたいことを行っていきたいと思い加盟しました。

 

苦労したこと

現在、一般社団法人全国古民家再生協会東京第一支部 支部長、埼玉第一支部 支部長代行と伝統再築士・古民家床下診断士の専任講師、また伝統耐震診断士の講師として全国各地へ回らせていただいています。出張は前職で慣れていることと、各地のおいしいものをいただくことは大好きなのですが、体が一つしかないので、あっち取ればこっち立たずで、なかなか思った通りに仕事が進まないのが難点です。

 

加盟して良かったこと

目まぐるしく変化していく世の中で、誰も専門家として取り組んでいない古民家の事業に本気で取り組むことができ、国へのアピールもできていること。伝統構法建築物の再築法を作っていくことができること。素晴らしいことです。

 

古民家ネットワークの良いところ

全国の仲間とつながることができること。フェイスブック等で皆の活動状況をオンタイムで知ることができ、とても身近に感じられます。たまに会っても久しぶり感は無く、普通に馴染んだ会話ができ、おいしいお酒がすすみます(笑)

 

これからの目標

より仲間を増やしたいです。伝統耐震診断士が現在70人、これを来年度には倍増の150人、全国どこの支部でも実際に診断できるようになっていただきたいと思います。そして「再築基準」により伝統構法の古民家の耐震、断熱改修法を伝えながら、伝統構法古民家の維持管理、劣化対策方法を広めていきたいです。

 

全国の仲間へのメッセージ

古民家は日本の宝です。日本の伝統文化として日本にしかないものを誇りとして全世界にアピールすることができたら素晴らしいと思います。是非全国の仲間で古民家を次世代へ残していく活動を共に行ってまいりましょう。

 

古民家ネットワークについて、詳しく知りたい方はこちらの「古民家ネットワーク加盟について」をご覧ください。