owners_voice_header

 

オーナーズボイスでは、加盟店で活動されている方々の感想をご覧いただけます。

 


 

 

yamanaka お名前 山中 美登樹
生年月日 昭和40年 10月29日
趣味

・ゴルフ

・酒呑み

(特にカウンターで呑むこと、屋台で呑むことが好き。

きたなトランのような店が大好き)

会社名 山中建設工業株式会社
加盟年 平成24年
事業名 一般社団法人 茨城県古民家再生協会

 

ご自身の地域の特色

茨城は毎年「魅力度調査」で全国最下位。

茨城には水戸の偕楽園をはじめ、袋田の滝・筑波山・鹿島神宮などの観光地があります。また、Jリーグの鹿島アントラーズをはじめ、甲子園出場校も県内には多くスポーツも盛んです。

近年つくばエクスプレスが開通し、圏央道の開通も間近に控え、都心からのアクセスも良くなり、東京のベットタウンになりつつある。

茨城といえば「納豆」というイメージが強いですが、メロンの生産量が全国1位であり、またアンコウ鍋など名物料理もある。伝統工芸では、結城紬、笠間焼など。

そして県内には約53,000棟もの古民家が現存し、武家屋敷をはじめ様々な種類の古民家が点在している。水戸や筑波山周辺、真壁といった県内各地に古民家がある。

その中でも筑波山周辺の八郷には、つくば式茅葺屋根と呼ばれる茅葺屋根が多く、茨城は別名「関東の茅葺屋根王国」と呼ばれています。また真壁にはおよそ300棟もの古民家が軒を連ね、その地区は「重要伝統建造物保存地区」に指定されている。

 

加盟したきっかけ

以前より古民家に関わる仕事がしたいと思っていました。

ですが何もできずにいたところ、偶然井上代表が出演された「カンブリア宮殿」を観て、井上代表の古民家の伝統建築の考えや、古材再利用への思いに感銘を受け加盟させていただきました。

 

苦労したこと

最初に問い合わせが来て、お客様とどのように話を進めていったらよいのかわからず、戸惑うことが多かったのですが、今は以前よりも自身を持って依頼を進められるようになってきたように感じます。

最も苦労したことは、毎日ブログを更新することです。想いをうまく文章にできないことが多く、また記事のネタにすることを見つけるのが大変でした。

 

加盟して良かったこと

設立総会時に新聞に掲載されたことがきっかけで、問い合わせが何件もあり、それと同時に共に活動してくれる仲間が増えたことです。

 

古民家ネットワークの良いところ

理念を共有する仲間たちの活動内容がわかり、全国大会・地区大会を通して各協会さんの活動内容を聞き、全員が同じ方向を目指し、一体感を感じることです。

 

これからの目標

茨城は県の端から端まで行くのに3時間かかります。県内にある53,000棟余りの古民家を1棟でも多く残し、古民家継承を誘発するためにも、県北・鹿行にも支部の設立が必要であると考えています。

そして「古民家特区」を茨城に。

 

全国の仲間へのメッセージ

みんなで理念を共有し、これからも市場創造を。

日本の素敵な未来を創り上げていきましょう!!

…夢が大きすぎかな笑(=^・ω・^=)

 

古民家ネットワークについて、詳しく知りたい方はこちらの「古民家ネットワーク加盟について」をご覧ください。